虎哲の探究

単なる大学院生の戯言。未熟者による日々研鑽の記録。

国語教育

#jtsjに物申す!『新たな時代の学びを創る 中学校・高等学校国語科教育研究』のご紹介

www.amazon.co.jp 何故か書影が出ないバグ。故にアイキャッチ画像は今回扱った本で一番表紙がかっこいいと思うものを代用。 【新たな時代の学びを創る 中学校・高等学校国語科教育研究】を読んでいる本に追加 → https://t.co/I6ul4fHmHj #bookmeter] #jtsjに…

ディベートの締めは意見文で!

もうすぐ10時間以上かけていたディベート単元が終わる。 以下のようなトランス状態になったり、 教室でディベートやっていて、意見を戦わせたい欲がすごいのです。いうまでもありませんが、意見の相違と相手の好き嫌いは別です。他者理解の為に絡むことがあ…

漢文は本当に必要なのか―#こてほん 延長戦

発端はこのツイート。 漢文の授業ってまだあるの?あれって本当意味がないと思うんだけど、なぜいまだにあるんだろう。普通に中国語で読める漢文を教えてほしかった。レ点とか一二点とか使って無理に日本語で訓読できるようにすることにどれだけ意味があるん…

パウロ・フレイレにとっての「ことばの学習」

まだまだ暑い日が続くが夏が終わったなと感じる。 デューイの探究教育哲学―相互成長をめざす人間形成論再考 作者: 早川操 出版社/メーカー: 名古屋大学出版会 発売日: 1994/10 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る そう、大学図書館の 夏休みの長期…

9/29-10/2 虎哲的最強ツアーのご紹介

学校行事で勤務がない期間を利用し、夜行バスで大阪へ行き、清教学園リブライアを見学し、その夜甲子園でシーズン最終戦(予定・阪神鳥谷最終戦?)を観戦し、快活のお世話になって、始発で福井県立若狭高等学校に渡邉先生の授業見学に行くという最強ツアー…

引用・要約をどう捉える?―堀裕嗣先生のツイート及びその反応を手掛かりに

発端はこのツイート。 要約という行為は他人が文章に載せた魂を削り取る忌まわしい行為である。引用という行為は他人の文章を自分の都合のために切り刻む穢らわしい行為である。これを理解しない人間が多すぎる。しかし、文章を綴るうえでこの二つを避けるこ…

結構面白い?過去の学習指導要領解説を読む

今日のブログは国語教育史ネタでいこう。— 虎哲 (@TigerSophia61) 2019年9月17日 今日はここにおりました。 textbook-rc.or.jp 何ヶ月ぶりかの教科書研究センター来訪。— 虎哲 (@TigerSophia61) 2019年9月17日 論文の〆切が10月末に迫りいよいよ追い込まれて…

色褪せぬ名著―井上尚美 『思考力育成の方略―メタ認知・自己学習・言語論理―』雑感

思考力育成への方略―メタ認知・自己学習・言語論理 (21世紀型授業づくり) 作者: 井上尚美 出版社/メーカー: 明治図書出版 発売日: 2007/03/01 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 43回 この商品を含むブログを見る の前のバージョンである 思考力育成への…

三省堂「現代の国語1」所収「玄関扉」教材化の覚書

明日から授業が始まります。 2学期は「玄関扉」から。 『玄関扉』を読む前に文化について提示するか、読んだ後に「要するになんの話か」と聞いて文化の違いというところに気付かせるかどちらが良いか。書いていて後者の方が好きだと思ったので、後者のアプロ…

今後の読書のために②―助川幸逸郎先生の著作をご紹介

下の記事が大好評(大嘘)につき、第二弾。 hama1046.hatenablog.com 初の単著はこちら。 文学理論の冒険―“いま・ここ”への脱出 (東海大学文学部叢書) 作者: 助川幸逸郎 出版社/メーカー: 東海大学出版会 発売日: 2008/03/01 メディア: 単行本 クリック: 22…

実況ツイートまとめただけ!日本国際バカロレア教育学会大会感想

院試あって大学入れないし、明日日本国際バカロレア教育学会大会に行ってみよー。 pic.twitter.com/sep2hMULDW— 虎哲 (@TigerSophia61) August 31, 2019 前日に思い立ちふらりと行ってみることに。 http://jaiber.org/wp-content/uploads/2019/08/20190808-…

第2回読書会@京都の感想まとめ(随時更新)

国語の授業の作り方: はじめての授業マニュアル 作者: 古田尚行 出版社/メーカー: 文学通信 発売日: 2018/07/13 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 去る8月13日、こちらの本で読書会をした。 monkokugo.blog.fc2.com 古田先生が端的に読書会につ…

公開シンポジウム「国語教育の将来―新学習指導要領を問う」のいまさらまとめ

http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/279-s-0801.pdf 8/1にこちらに行ってきた。名古屋大学教育学部附属からのとんぼ返り、そしてその足で関西へというドタバタ日程だったが行ってよかった。 (私の知る限りの)諸氏によるまとめ 石田喜美先生(だと思われる…

文喫でデートしたい―三宅香帆のすゝめ

三宅香帆さんの文章教室イベントに参加して、クロゾフさんとシーシャバーで国語教育談義して、かつやで験担ぎにカツを喰らい、速報で阪神選手の躍動を知る。そんな素敵な日。明日も勝つ!— 虎哲 (@TigerSophia61) July 13, 2019 本やイベントに課金するよう…

国語科教員志望にはアツい夏が来た!

hama1046.hatenablog.com 今回はこの記事の抜粋版。 一昨日は国語教育史学会第63回例会、昨日は日本読書学会第63回大会があった。台風が来るかもという心配も杞憂。実に学びの多い週末であった。 そして日本読書学会員には配られるという 読書教育の未来 作…

東京都教員採用試験問題のご紹介

東京都の教員採用試験一次終了。第一印象としては探究祭り。(受かったとは言ってない)— 虎哲 (@TigerSophia61) 2019年7月14日 結果が怖いが面白い試験だったので私の語れる範囲で概要をお知らせする。 教職教養 教職教養のテキストを覚えていれば出来ると…

【告知】第2回『国語の授業の作り方 はじめての授業マニュアル』読書会

3月に開催することが出来た第1回読書会。 国語の授業の作り方: はじめての授業マニュアル 作者: 古田尚行 出版社/メーカー: 文学通信 発売日: 2018/07/13 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る bungaku-report.com 第2回が開催出来ることになりまし…

オノマトペで単元作り初挑戦の振り返り

三省堂『現代の国語1』に「食感のオノマトペ」という教材がある。教材の内容は面白いのだが、単に読解する対象として扱うのは些か勿体ないような気がした。 そこでかなり思い切ってオノマトペを中学1年生なりに探究するような単元を作ることにした。以下、…

ディズニー実写映画のすゝめ

来週の #金曜ロードSHOW!は、#ディズニー のアニメーション版「アラジン」を放送‼️ 実写版「アラジン」が大ヒットしている 今こそ見ておきたい永遠の名作です❗️お楽しみに#金曜ロード #アラジン⁠ ⁠ #山寺宏一 #ジニー #ジャスミン⁠ ⁠ pic.twitter.com/thh4K…

東京言語研究所公開講座のすゝめ

www.tokyo-gengo.gr.jp ホームページがリニューアルされて非常に見やすくなっている。 hama1046.hatenablog.com こちらでも紹介していた6/29(土)の公開講座に申し込んだ。講師は野矢茂樹先生で、題目は「国語を学ぶ・国語を教える」である。去年の佐藤学先…

第3回概念ベース授業づくり研究会での学び

先日rofu先生にお声かけ頂き参加した概念ベース授業づくり研究会での学びについて共有したい。今回は国語科の先生だけでなく他教科の先生も参加し(東京学芸大学教職大学院)て、コラボ授業やMYP・DPの始め方についての意見交流がなされた。どちらについても…

今年度の大学図書館購入希望図書(10冊入れるまで更新)

https://t.co/5kgrlKs4VR— 虎哲 (@TigerSophia61) 2019年7月12日 hama1046.hatenablog.com 希望が通り以下の本が我が大学へ。 クリエイティブ・ラーニング:創造社会の学びと教育 (リアリティ・プラス) 作者: 井庭崇,鈴木寛,岩瀬直樹,今井むつみ,市川力 出版…

【随時更新】令和元年度のお出かけ予定

非常勤だが教員1年目、修論執筆、教員採用試験と欲張りな修士2年目。昨年度は気ままにフットワーク軽く色々なところへ赴いていたが今年は去年のような生活は出来なそうであるがそれでもいろいろな学びの場に顔を出したい。 4/23 『問い続ける力』対談イベン…

文化審議会答申(2004)『これからの時代に求められる国語力について』と遠藤瑛子実践

これからの時代に求められる国語力について:文部科学省を先程まで読んでいた。 最近読む本や聞く話などで頻繁に取り上げられるためこれを機に読んでみようと思い立ち、印刷して読んでみた。15年前の資料とは思えぬほど現在の国語教育にも示唆を与える内容が…

第1回鳴門ウォーターフロント大会の記録

今回はこちらでの学びをまとめたい。 hama1046.hatenablog.com この大会のための東京‐鳴門往復旅の学び以外の要素はこちら。 hama1046.hatenablog.com 院生国語科教育研究会(以下院国研)のメンバーだけで鳴門教育大院生の会員のもとを訪れるのもなんか味気…

授業づくり本に思う

明日から正式に教壇に立つ。 受験に関係ないながら教育界の動き的には大変な学年付きで11コマ担当します。分かる人には分かる言い方。— 虎哲 (@TigerSophia61) April 2, 2019 高2もかなりきついのですが、私が担当するのは次期学習指導要領と共通テスト本格…

ツイートでふりかえる3/26-31の旅

春の思い出。(改訂版) pic.twitter.com/56Tog3ndu6— 虎哲 (@TigerSophia61) 2019年4月8日 3/26 東京→京都 途中下車して餃子を食ってから京都へ行く最強プランを構築。 pic.twitter.com/dnXJjTeziH— 虎哲 (@TigerSophia61) 2019年3月25日 東京は千々に別る…

『国語の授業の作り方 はじめての授業マニュアル』読書会学びのおすそ分け

去る3月16日念願の第一回読書会が開催された。私の日取りが悪かったのか、参加できないが是非行きたかった!というご連絡は直接間接問わずたくさん頂いていた。 そんな方々のために今回の記事では参加された方の素敵な感想と並べて際立つ私のしょうもないツ…

国語教育史学会第62回例会での学び

第62回例会 2019.03.23に行ってきた。青春18きっぷでの関西周遊前に行けてよかったと思っている。以下、発表の概要と所感。 旧制中学校における現代文教材の価値意識―夏目漱石『草枕』を中心に― (配布資料より)「『草枕』の採録数の変遷を調査し、その変化…

書くことの難しさと向き合って

今書いている論文が自分にとっては自明のことを論理的な飛躍の少ないように丁寧に論じなければいけないのでとても辛い。そして読んでも確かになんのこっちゃわからん研究能力の低さ丸出しって感じだ。明日の研究会に持っていこうと思ったが未だに完成を見な…