虎哲の探究

一介の公立中高国語科教員の戯言。未熟者による日々研鑽の記録。

第一歩を踏み出した1月2日―10年後も見返したくなる手帳を作る。

5. 10年後も見返したくなる手帳を作る。

日々何かしらの勉強をした時間、内容を記録する。そのための手帳を買う。

近々購入するのでお勧めあればご教示ください!!

 この目標を達成するために手帳を買いました、3冊。

ディズニー手帳 2024 B6サイズ (JTBの手帳)

ディズニー手帳 2024 B6サイズ (JTBの手帳)

  • ジェイティビィパブリッシング
Amazon

ひとめぼれしたディズニー手帳。これ、世界のディズニーリゾートが載っているんですよ!さすがJTBの仕事…

12. 英検準1級に挑戦する。そのための勉強をする。

の実現のために。

存在自体は知っていましたが、ついに手を出してしまった。在英時代に買っておけばエッセイで一山当てられたかも…(なわけ)

というわけで昨日から書いている内容を公開します。

Googleドキュメントに入力→Wordにコピペして、縦書きにして、マイブックに貼り付ける予定。誰か一緒にやりませんか?

 

1月1日

 2023年を振り返り、2024年の目標を掲げるブログを書き終えて、風呂に入っている時に年は明けた。

 1月の必読文献に酒井雅子先生の国語探究本を選び、Amazonで注文した。

 何かを成し遂げた気分で天下一品に行くも、当然のごとく閉まっており、スーパーでお寿司を買って食べた。正月の料理と言えばおせちやお雑煮が主流だが、私にとってはお寿司が重要なのだ。

 昼過ぎに石川県でマグニチュード7を超える地震があり、我が家も大きく揺れた。

 テレビもSNSも自粛ムードが流れるが、変に自粛せず、各々ができることを粛々とやることも大切だとも気付かされた。彼らに触発されて、2024年にやりたい24のことを書き上げた。全てやり遂げたい。

 

1月2日

 初夢は、どこか緑あふれるグラウンドで野球の練習をする夢だった。

 起きた頃には昨日注文した酒井先生の国語探究本が届いていた。年末年始も働く人によって豊かな生活が作られている。

箱根駅伝の4区から5区に襷が繋がれるところだけを見て、家を出た。

 目的は阪神ゆかりの廣田神社への初詣と、日記の購入だ。

 西宮駅ブックファーストで手帳を3冊買った。

・ディズニー手帳(一目惚れした)

・英語手帳(語学の棚を眺めている時に発見し、英検準一級を取るために買った)

新潮文庫マイブック 2024年の記録(私の考える「10年後も見返したくなる手帳」とは本なのではないかというインスピレーションが湧いた)

この行動が愚かか、画期かは自分の1年が証明する。

 おみくじは29番で吉であった。29歳になる今年が吉でよかった。小さな偶然に喜ぶ。

100分de宗教論を観た。

 

 この番組は学びが多いが、自分で本を開きたくなる。『ニコライの日記』

や『深い河』

を読みたくなった。

 

1月3日

 100分de宗教論に続いてやっていた『夜廻り猫』というアニメを観ていた。

 そのアニメの最後で、

「会いたいんだ

涙をかくして生きてる人に

 

話したいんだ

あなたが私を励ましたこと」

という言葉に出合った。

励ます側励まされる側は固定的・一方的なものでなく、双方向的なものなのだろう。

ケアの本質を見た気がした。教員生徒との関係もこうであろう。

 初詣で西宮まで繰り出した昨日とは打って変わり、今日は寝正月だった。明日は髪を切り、それからユニクロに行こう。

 去年行った難民に関する単元でユニクロは難民支援を積極的に行う企業だと知った。服の提供だけでなく、雇用の面でもサポートしているそうだ。給付型の奨学金も提供しているし、誇らしい。

 連日2時に寝る生活が続いている。休みこそ規則正しくありたい。

 

英語手帳より

The best way to get something done is to begin.