虎哲の探究

単なる私立校国語科教員の戯言。未熟者による日々研鑽の記録。

読書会

第2回読書会@京都の感想まとめ(随時更新)

国語の授業の作り方: はじめての授業マニュアル 作者: 古田尚行 出版社/メーカー: 文学通信 発売日: 2018/07/13 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 去る8月13日、こちらの本で読書会をした。 monkokugo.blog.fc2.com 古田先生が端的に読書会につ…

明日は第2回読書会!旅のお供について

いよいよ明日である。素敵な会場も確保出来、古田先生にメールも送り、着々と準備が進んでいるなと。 hama1046.hatenablog.com 何度も言うが、今回の参加者は比較的若く、女性も半数を占めるという前回とは様変わりしており、新鮮にこの本の魅力に出合い直せ…

国語科教員志望にはアツい夏が来た!

hama1046.hatenablog.com 今回はこの記事の抜粋版。 一昨日は国語教育史学会第63回例会、昨日は日本読書学会第63回大会があった。台風が来るかもという心配も杞憂。実に学びの多い週末であった。 そして日本読書学会員には配られるという 読書教育の未来 作…

書くこと、語ることの振り返り・ケア機能についての随想

ちょうど一年経った。 hama1046.hatenablog.com 古田先生のご厚意のおかげでこの記事に書いている一つ目の夢をかなえることが出来ており、 hama1046.hatenablog.com ちゃっかり第2回まで企画しているのだ。(まだまだ参加者大募集中!)我ながら恐ろしい行動…

文庫・新書3冊まとめ買い15%オフの夏が来た!

タイトルの通り。大学生協は普段も書籍10%オフの大変有難い。大学3年の頃にこの祭典を知り、毎年楽しみにしている。今年はラストイヤー(になる予定)なので購入予定の本を紹介したい。 まずはこの本! 僕らの世界を作りかえる哲学の授業 (青春新書インテリ…

【告知】第2回『国語の授業の作り方 はじめての授業マニュアル』読書会

3月に開催することが出来た第1回読書会。 国語の授業の作り方: はじめての授業マニュアル 作者: 古田尚行 出版社/メーカー: 文学通信 発売日: 2018/07/13 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る bungaku-report.com 第2回が開催出来ることになりまし…

4/23『問い続ける力』出版記念イベント@銀座蔦屋書店

問い続ける力 (ちくま新書) 作者: 石川善樹 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2019/04/05 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 下は個人的な事情に引きつけ過ぎな書評。 【問い続ける力 (ちくま新書 (1399))/石川 善樹】出版記念イベントもあるとい…

オスカー・ワイルド『サロメ』読書会@小学館

#のベルズ読書会 に参加しました。小学館初潜入。『サロメ』について語りたいことが語れ、他者の読みを知り、他の参加者や「読書会のヒント」、ベルさんの解説で新たな読みを得るという充実の内容。やはり読書会は良い。次は平野啓一郎訳サロメも読みたい。 …

『国語の授業の作り方 はじめての授業マニュアル』読書会学びのおすそ分け

去る3月16日念願の第一回読書会が開催された。私の日取りが悪かったのか、参加できないが是非行きたかった!というご連絡は直接間接問わずたくさん頂いていた。 そんな方々のために今回の記事では参加された方の素敵な感想と並べて際立つ私のしょうもないツ…

『国語の授業の作り方 はじめての授業マニュアル』読書会感想のまとめ

昨日はオフ会でした。— 国語科教員 (@coda_1984) 2019年3月17日 いわゆる「オフ会」のような雰囲気で読書会が出来たのは非常に良かった。著者を囲んで読者が集い本の言葉を頼りに語り合う。読み直したくなる発見もたくさんあった。 読書会、最低限の流れは作…

読書会への道

誰も何も教えてくれない。— 虎哲(こてつ・こてっつぁん) (@Hamaten61) 2019年2月19日 こんなあまったれたつぶやきをしたところお二人の先生から素晴らしいご助言が。朝の東海道線に揺られ静岡まで向かいながらいたく感動した。twitterの波にお二人の貴重な…

『国語の授業の作り方 はじめての授業マニュアル』読書会第1次案内

ついに願望が実現へと動き出した。 hama1046.hatenablog.com この本を携えて少しでも多くの人と語れることに期待したい。 国語の授業の作り方: はじめての授業マニュアル 作者: 古田尚行 出版社/メーカー: 文学通信 発売日: 2018/07/13 メディア: 単行本 こ…