虎哲先生の探究

単なる大学院生の戯言。未熟者による日々研鑽の記録。

オスカー・ワイルド『サロメ』読書会@小学館

こんな企画があった。

  ミーハーな私はこの機会にと読者会に申し込み、『サロメ』を購入、読了した。

 

サロメ (岩波文庫)

サロメ (岩波文庫)

 

  全く存じ上げなかったのだが、最近『サロメ』ブームが来つつあるらしい。オスカー・ワイルドの作品は『幸福な王子』以外読んだことがなかったのでしみじみとくる良い話なのかなと思って読み始めて仰天。登場人物のほとんどが各々言いたいことを言っていて会話が成り立っていない、グロテスクな描写があると想像を裏切られっぱなしの戯曲で、読了後頭に?が浮かんだまま美しい描写に無理やり価値を見いだしたのであった。

サロメ』感想

 

読書会での収穫

 先のツイートにもあるように新たな読みを獲得した。

・エロドに共感する。サロメに思いを寄せるシーンは気持ち悪いおっさんそのものだがそこがかえって人間っぽい。(同じグループの大学生の方による「推しキャラは?」の答え)→この発想はなかった。他の登場人物が人間らしくないために気味悪く感じるという考えがあることを知った。ちなみに私の推しキャラはサロメで、理由は情熱的な美女に言い寄られたいからであることは恥ずかしいため言わなかった。

・登場人物が一方通行に相手を想っており、想っている方が想われている方の想っている方を見るなと束縛する。(ベルさんの解説より)

→例えば、20頁には、

 

若きシリア人 待て、王女が立つ!それ、テイブルを離れた!(中略)

ロディアスの侍童 見てはならぬ。後生だ、見るなといふのに。

 

というやり取りがある。エロディアスの侍童→若きシリア人→サロメという関係である。エロディアスの侍童と若きシリア人は共に男性であり、ここに同性愛が感じられるという解釈があるようだ。(※エロディアスの侍童はこのシーン以前も若きシリア人に対し王女サロメを見るなと言っている。)ほかにも若きシリア人→サロメ→ヨカナーン、エロディアス→エロド→サロメの関係においても同様の傾向が確かに見て取れる。興味深いのはサロメだけが見るなではなく見ろと強要するところである。視線に着目するとまた違った『サロメ』が見えてくる。

 

 他にも「サロメはなぜヨカナーンの首を欲しがったと思う?」や「エロドが特に「死者をよみがえらせる奇跡」を嫌った理由は?」(どちらもベルさんの配布資料より)について考えた際には初読で得られなかった読みの解釈が出来た。是非『サロメ』を読んで考えて頂きたい。

 

読みたい本も増えた。

サロメ

サロメ

 

 

→同じグループでお話しした方が勧めていた。

 

サロメ (光文社古典新訳文庫)

サロメ (光文社古典新訳文庫)

 

 

→劇の上演?のために依頼されて訳されたものだそう。福田恆存訳よりも聖書との対応が分かりやすく、注や解説が丁寧なのだそう。(本編より長いというのが名作古典あるあるでツボった)

 

 読書会はやはり良いものである。

 

 読書会と言えば

国語の授業の作り方: はじめての授業マニュアル

国語の授業の作り方: はじめての授業マニュアル

 

 の第二回読書会開催(@京都市内?)に向け細々と準備を進めている。今のところ8/13か14のどちらかで開催を目論んでいる。

読書会では古田先生の本を中心にしつつも、こちらの本についても話が出来たらと思っている次第。執筆者の方来てくださらないかなー…。笑

オノマトペで単元作り初挑戦の振り返り

 三省堂『現代の国語1』に「食感のオノマトペ」という教材がある。教材の内容は面白いのだが、単に読解する対象として扱うのは些か勿体ないような気がした。

  そこでかなり思い切ってオノマトペを中学1年生なりに探究するような単元を作ることにした。以下、単元の概要と成果、課題を示す。なお、紹介する本は大学の国語学の先生のお知恵を拝借した。

 

第1時 オノマトペに興味を持たせる

 

 まずは「オノマトペ」を辞書で調べさせ、語の定義を確認した。擬声語のみとする辞書(古め?)と擬声語・擬態語の総称とする辞書があったのは面白かった。今回は総称とする説を採用した。

オノマトペの謎――ピカチュウからモフモフまで (岩波科学ライブラリー)

オノマトペの謎――ピカチュウからモフモフまで (岩波科学ライブラリー)

 

  こちらの本の序を音読した。ただ聞かせるだけだと味気なく、また生徒の聞く力がどれほどなのか気になっていたのでメモを取りながら聞くよう指示した。ノートチェックの結果予想通りメモの量はまちまちであり、B5ノート1ページ分から1,2行までかなりの開きがあったことが分かった。ピカチュウを取り上げてオノマトペがなかったら「雷ネズミ」「ネズミ―」という名前だったかもしれないというくだりはかなりウケがよかった。

 その後昨日一日のオノマトペを5個程度ノートに書かせ、全体共有して終了。

 

第2・3時 「食感のオノマトペ」の本文の分析

 似たような意味を持つ2つのオノマトペを比較する問いを立て、その問いを検証するべくクラスにアンケートを行い、その結果を基に分析するといった単元の見通しを伝えた。

  なお、二つのオノマトペを比較するという発想はこの本から得ている。

くらべてわかる オノマトペ

くらべてわかる オノマトペ

 

  その後「食感のオノマトペ」を音読し、アンケート結果からオノマトペに世代間の差があることを指摘している箇所を事実・筆者の考えに分けさせる活動を行った。

 事実と意見の読み分けは「読むこと」の指導事項であり、かつ今後の学習活動でアンケートから得られる事実とそこから得られる考えとをしっかりと区別してほしいと考えたためである。 

 アンケート結果=事実、「考えられる」=筆者の考えはほとんどの生徒が理解していた乃至全体共有で理解できたようだが、それ以外事実のようで筆者の判断が含まれている、事実と考え正確に分けられない箇所の辺りから混乱する生徒が出てきたのは私の教材研究不足であった。

 

第3時 探究する問いの決定

 まずは個人で考えたい問いを考えさせ、その後グループに持ち寄りグループで探究したい問いを決めさせた。その際に先に示した『くらべてわかるオノマトペ』の「「パリパリ」と「サクサク」どっちの方が歯ごたえが軽い?」を紹介し、このような問いを立てると分析しがいがあること、小野先生の論じ方をする必要はなくあくまで中学生である自分たちが同級生にアンケートを取り、それを分析することに価値があることを伝えた。

 自分で作った問いに思い入れがありなかなか譲れないグループ、逆に思い入れがなくなかなか決まらないグループが出てきて、そうしたグループに助け舟を出す手札の少なさは課題だった。

 ちなみに以下のような問いが生徒から出てきた。

・ヒラヒラとパタパタどちらの方が蝶の飛ぶ様子を表しているか。

・テクテクとスタスタどちらの方がスムーズに歩いているか。

・キラキラとピカピカどちらの方が輝いているか。

・パラパラとポツポツどちらの方が雨の表現としてふさわしいか。

・ザバーンとザブーンどちらの方が波が大きいと感じるか。

・ハラハラとドキドキどちらの方が緊張しているか。

・ツルツルとスベスベどちらの方が滑らかか。

 

第4時 アンケート項目の作成

 アンケート項目が分析の鍵を握ることを伝え、選択式・自由記述式のメリット・デメリットを教科書で確認してから、各グル-プで決めた問いを考えるのにふさわしいアンケート項目を作成させた。3問以内という縛りは設けたがそれ以外はフリーでやらせてみた。

 時間ギリギリに提出されたアンケートにオール選択式や問いの言わんとする内容が伝わりにくいものが少なからずあったのはまずかった。この時間はグループの様子を観察し停滞しているなら介入というスタンスだったがもう少し丁寧にやった方がよかったか。とはいえアンケートづくり自体が初めてという生徒も多かったようなのでとりあえずやらせてみるの精神で。

 

 第5時 アンケート回答・分析

 生徒が他のグループのアンケートに答えることに予想以上に時間がかかった。10分もあれば答えられるだろうと踏んでいたので大いに焦ったが、アンケートを通じてオノマトペと向き合い使い分けを必死に考えていたのだろうと肯定的に解釈した。少なからず「口じゃなくて手を動かせ!」と言いたくなる生徒はいた。生徒の頃はこういうタイプだったが、教師の側に立つとこんなにハラハラするものなのか…と今までお世話になった先生方に謝りたい気持ちに。

 アンケートの分析ではそれほど考えずに使用した「理由づけ」という言葉に質問が殺到した。アンケート結果という事実とグループの考えを結び説得力を持たせるものと全体に向けて説明したが、抽象的で実際の分析の過程でどれが「理由づけ」に該当するかいまいち掴み切れなかったものと考えられる。介入して話し合いに即した形で理由付けを各グループで示したものの全体での指示の際にもう少しうまい説明が必要だったと反省する限り。

 

第6時 最終調整と発表

 ワークシートを埋めると自然に発表に必要な項目がそろうというような作りにしたのはよかった。また、発表の手引き(と名乗っていいものか)という台本型手引きもどきを配布していたため生徒はあまり発表でドタバタせず、なかなかイケてるなぁと感心する発表が多かった。(スピーチとしてではなく、分析の報告として)

 

 オノマトペを題材に比較する・アンケート項目を作る・分析するというような学びを組織し、経験させられたのは大きい。研究会で単にオノマトペについて生徒自身の経験のみで考えさせるだけでは学びの深まりに欠ける可能性があると教えて頂いていたのが奏功した。オノマトペ以外にも似た表現について考える癖が付いてくれたらこれに勝る喜びはないだろう。BCCWJを活用して用例を手渡すのもありだったのでは?というアドバイスも頂けたため今後同じような単元をする際に取り入れたい。

 終始問題だったのはグループの人数であった。今回は時間数を考慮して各グループ5・6人の6グループで行ったが、分析をしたがる生徒と手持ち無沙汰になる生徒とのバランスやグループとしてのまとまりにはかなりを気を配らなくてはならなかった。やはりよほどグループでの学びに熟達していない限り5人以上で1つのことをやるのは難しいと気付かされた。ベストは4人だと思っているが、9グループつくって活動させるのはなかなか難しい。グループ分けに必然性がないのも機能させるのが難しい要因であろう。

 勤務校の都合上今後も彼らはグループで学ぶという機会が多くあることが予想される。どのような手立てや学習活動がグループでの学びを機能させるのかについて今後も考える必要がある。

ディズニー実写映画のすゝめ

この日は研究会があり、『美女と野獣』の時のようにリアルタイムでは見られない…。ただそれだけの価値がある会である。

 

 うるさい実況

→ベルと野獣がベルの父母が過ごしたパリの家を訪ねるシーン

hama1046.hatenablog.com

 そして以下の二点をメルカリにて衝動買い。現在行われているポイントバックチケットキャンペーンが私の購買意欲に火をつけた。

 メルカリ始めたいという方は招待コード【NMQBHZ】を入れることをお忘れなく。(しつこい)

 

 

美女と野獣 ― スペシャル・リミテッド・エディション [DVD]

美女と野獣 ― スペシャル・リミテッド・エディション [DVD]

 

  個人的に大好きな作品であり、教材として使いたいという私欲もあり。誕生日プレゼントということでそんな自分を大目に見ている。

 教材として使うとすれば、上記の二つの映画及び原作を比較・分析して、それらの違いにどのような効果があるのかについて探究させたい。日常的な楽しみではあるがこうした比較・分析の経験が映画や本といったメディアを豊かに楽しむ道を切り開くのではないかと考えている。まずは時間のある時に自分でやってみようと思う。そこでの分析を学科の紀要に寄稿しても面白そう。修了しないと出来ないけど。

 

  映像と原作の比較についての実践の蓄積はIBに豊富にありそうである。実際に上の本の実践編にそうした内容のものが扱われていた。IBの授業づくりを「よそのもの」とせずに良いところはガンガン授業づくりに取り入れていくことも大事だ。

参考

 

hama1046.hatenablog.com

hama1046.hatenablog.com

 

 原作ながらディズニーとはかなり異なる印象を受ける

美女と野獣 (新潮文庫)

美女と野獣 (新潮文庫)

 

 や

 

「美女と野獣」の野獣になる方法 (文春文庫 み 35-2)

「美女と野獣」の野獣になる方法 (文春文庫 み 35-2)

 

 という永久の積読本はあるものの

美女と野獣[オリジナル版]

美女と野獣[オリジナル版]

 

 二年前くらいに購入したこの本が行方不明なことが最近の悲しいこと。

 

 さて、先週土曜に公開されたばかりの『アラジン』を鑑賞した。アニメ版は言うまでもなく最高だが、実写も素晴らしかった。

美女と野獣』よろしく『アラジン』の実写はアニメ版に無い設定を付け加えている。こちらに関しては実写版を推したい。これも比較・分析したら面白いだろうなぁと財布の紐が緩みそうな予感がする。今度は字幕でまた観たいなぁ。

東京言語研究所公開講座のすゝめ

www.tokyo-gengo.gr.jp

ホームページがリニューアルされて非常に見やすくなっている。

 

hama1046.hatenablog.com

 

 こちらでも紹介していた6/29(土)の公開講座に申し込んだ。講師は野矢茂樹先生で、題目は「国語を学ぶ・国語を教える」である。去年の佐藤学先生の公開講座をスルーするという探究オタク痛恨のミスを繰り返さぬよう常に気にかけていたのだ。

まだ申し込みを受け付けているようなのでご興味のある方は是非。共に学びましょう。

 

  なお同日には第4回概念ベースの授業づくり研究会もある。研究会及び懇親会では以下の本の制作背景などが聞けるのではないかと期待している。

  この研究会には東京学芸大学中村純子先生も参加なさっている。元々中学校に勤められていたこともありとてもエネルギッシュで、ご専門であるメディア・リテラシーや「見ること」についての研究も然ることながら豊富な知見をお持ちで非常に尊敬できる方である。

 現在お世話になっている南部国語の会にも研究者の方がいらっしゃり、実践に対するコメントが拝聴できる。教員の学びの場に研究者の方々が来てくださるのは何ともありがたいことだなぁとしみじみ。

 概念ベースの授業づくり研究会にご興味のある方は主催のrofu先生にコンタクトを取ると良いと思われる。私のような院生も快く受け入れて下さる懐が深い研究会である。前回はIB校ではない学校の長期研修の先生方も多数いらっしゃった。

 

前回の研究会での学びについて

hama1046.hatenablog.com

 

充実した土曜日になりそうである。

『日本語学』のすゝめ

  前々回に引き続き今回も。

  誰も招待コードを使用して下さらなかったようで1000円分のポイントは獲得できなかったのです…。

hama1046.hatenablog.com

  今回は私が勧めるまでもないこの雑誌。

日本語学 2019年 06 月号 [雑誌]

日本語学 2019年 06 月号 [雑誌]

 

国語科教育特集もよく組んでくださるのでご存知の方も多いはず。

 今月は国語科教育特集ではないものの、「笑いのことば」という特集で実に様々な切り口のユニークな研究が扱われている。中には教育漫才についてが扱われているものも。是非ともご購入していただきたい。

 さて、こんな宣伝をしているのに実は訳がある。なんと今月号の「読者の声」にエッセイを掲載して頂いたのだ。特集「笑いのことば」とは関係なく個人的に面白いと思う問いについて紹介するといった内容である。顕名で全国紙に載るのは初めてのことなので喜びも一入。しかしながら、「国語教育特集号の時に「読者の声」採用されたら文章載るし二冊進呈してもらえるし一石二鳥じゃん!」と軽い気持ちで投稿したので本当に掲載して頂けるとは思っておらず、若干の申し訳無さも感じているのが正直なところである。次は国語科教育について実践を踏まえた提案性のある論文を投稿出来たら…と思う。

 

以前にこんな記事も書いてました。

hama1046.hatenablog.com

 

 

hama1046.hatenablog.com

 

自分への応援ソング

www.youtube.com

 一発目応援ソングではなく恋愛ソングでは?「あいのり」の主題歌でおなじみ。なんだこの最高な番組!とハマり始めてすぐに放送終了になったのが懐かしい。私の青春を象徴する出来事であった。

www.youtube.com

 中学受験時に塾の友達に勧められ猛烈にのめりこんだスキマスイッチ。猪突猛進という言葉の似合う(と勝手に自負している)私はこの曲とガラナが大好き。

 歌っているのは大好きでいつか講師役で出演したいと思っているNHK国語表現MC?の足立佳奈さん。

www.youtube.com

 ドストライクな世代。デジモン自体はあまり覚えていないがこの曲を聴くとテンションが上がる。

www.youtube.com

 教育実習思い出の曲。合唱祭の練習真っ最中の時期であった。私が配属されたクラスの自由曲。彼らは本番賞を取ることが出来なかったが、私の胸を震わせたオンリーワンな歌声であった。

 

 明日は大事な試験。高3ピーク時に比べてかなりのスケールダウンをしていると実感することも多く、国語のテスト学力にはあまり自身がないが次に進めるような結果を出したい。

メルカリのすゝめ

 皆様はメルカリと聞いてどのようなイメージを持つだろうか。私にとってメルカリは掘り出し物の本が格安で売っている可能性のある宝物庫である。

 フリーマーケットアプリには掘り出し物があるということはtwitterでも幾度か話題になっていたが、

 こちらが送料込みで8900円で購入できたのは私にとって非常に大きかった。

遠く鳴門教育大学のある徳島から我が家にやってきたのだ。

 参考

hama1046.hatenablog.com

 

 

世界を信じるためのメソッド ぼくらの時代のメディア・リテラシー (よりみちパン!セ)

世界を信じるためのメソッド ぼくらの時代のメディア・リテラシー (よりみちパン!セ)

 

 小池先生推薦のこちらの本は300円。初回利用のポイントで実質無料で購入出来た。

  届くのを心待ちにしているのが以下。

 

 私の研究の主たる参考文献と成り得るだろうこちらの名著も半額の2000円である。常勤乃至専任で働きだしたら正規の値段で購入したいと思っていた矢先の発掘である。

 

豊かな言語活動が拓く国語単元学習の創造〈1〉理論編

豊かな言語活動が拓く国語単元学習の創造〈1〉理論編

 

 

 

SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術

SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術

 

 

 

 

ぼくが読んだ面白い本・ダメな本 そしてぼくの大量読書術・驚異の速読術

ぼくが読んだ面白い本・ダメな本 そしてぼくの大量読書術・驚異の速読術

 

 上の3冊で1630円!何となく性格の出るチョイスである。

 

旺文社古語辞典 第10版 増補版

旺文社古語辞典 第10版 増補版

 

 この前の版が1100円。高校時代に使っていたものと違う古語辞典が欲しいと思い購入したが商品説明を見る限り第10版増補版かなり良さそうだ…、早まったか。

 

まとめ

 私のブログを読んでくださっている方もメルカリやりましょう。アプリをインストールした後の初期登録の段階で招待コードNMQBHZを入れるとお互いに300円分のポイントがもらえるそうだ。そして31日までに3人招待すると1000円分のポイントが入るそうなのでネットの力を信じて、そして哀れな院生の提案に乗ってくださることがいることを願って。

→願いも虚しく…。今コンビニ等でのメルペイ払いでキャッシュバックというお得なキャンペーンをやっております。この機会にぜひ始めよう!

https://www.mercari.com/jp/