虎哲の探究

単なる私立校国語科教員の戯言。未熟者による日々研鑽の記録。

【イベント報告】三宅香帆さんの「超文章塾」

 こちらのイベントでの拙文添削結果をご報告!

hama1046.hatenablog.com

 川崎さんのポジションうらやましい…。笑

f:id:hama1046:20200724143258p:plain

Before

f:id:hama1046:20200724143344j:plain

After

f:id:hama1046:20200724143403j:plain

 推敲の学習の時に示そうかなと思いつつ、このレベルの添削は技術というよりも芸術かなぁとも思う。

 ただ140字という制約の中でどういう修飾語をカットしているか、どういう順番で書くかなどは参考になるだろう。実際真ん中の文を頭に持ってくること自体は検討したがそのまま入れ替えると違和感があって断念したという。三宅さんスタイルなら違和感がないと納得。見比べてみると自分の文章の「道徳」臭さが気になる…。

 当然のことながら1回受講しただけでは講師の先生方の文章力には及ばない。よく読みよく書くことでしか文章力は上がらないのだ。ただしどのような観点で添削するかを学ぶことは文章をグッと良くする大きなヒントになるはずだ。

 次回も参加したいのでぜひオンラインでの開催をご検討ください!