虎哲の探究

単なる私立校国語科教員の戯言。未熟者による日々研鑽の記録。

2021年文月振り返り―念願の一時帰国、隔離生活終了のお知らせ

   ひなあいを待つ時間を利用して久々によしなしごとを。

hama1046.hatenablog.com

  学期末にストレス解消!とばかり7万円分くらいどどっと購入した本をスーツケースにぎっしり詰めて、帰国。14日間の隔離生活を乗り切った。

 過酷?な隔離生活を支えたのは、7/25にあった学会での発表準備と大量の本と、Youtube、これまた勢いでダウンロードした「ひなあい」である。推しである齊藤京子の★3ひな写を3枚ゲットするほど(なお、同志が身の回りにいないので、無課金で上記の引きはすごいのかすごくないのか全く分からない。善良な精神を持つ読者にもダウンロードを強くおススメしたい。)にやりこんだのはここだけの秘密である。隔離生活はホテルに監禁、基本的に限られた人と話せない環境であったが、様々な研修の場に顔を出せた。Zoomさまのおかげでなんとか精神を病まず、昨日8/1に出所した。

 

 読了こそ少ないが様々な本を手に取る贅沢な日々であった。感想は例のごとく読書メーターにまとめている。

先月の読書メーター 読んだ本の数:7冊 読んだページ数:1348ページ ナイス数:44ナイス ★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://bookmeter.com/users/672962/summary/monthly

 

 葉月は2学期の授業準備を進めつつ、積読を消化し、9月末までにまとめよと指導教官から指示を受けている原稿を書き上げたい。日本はいるが、出歩くことは憚られるほどの感染状況と暑さ、ごくねちである。この不運を創造的休暇としたい。

 

 ひなあいも終わったのでこの辺で。2学期日本の学校ではオンライン授業になるかもしれないので恐らく教員であろう読者の方に以下の雑誌の購読を勧める。他意はないですよ!!