虎哲の探究

単なる私立校国語科教員の戯言。未熟者による日々研鑽の記録。

フランス文学を研究したい

東京都立大学藤原真実研究室を受験して、フランス文学の修士号取れたらいいなぁ。」とふと思った。

フランス文学専攻したらマジで母校の某国語科重鎮の後継者になっちゃう。

 

 高2・3時の担任の先生によれば東大職員の社宅は八王子にあって、研究室に通うのは結構楽。※私にそれを出来る能力があるかはまた別問題。

 やるとしたら恐らくサンテグジュペリ作品研究。第一線の下で『美女と野獣』研究は出来ないだろうという事情から。

 藤原先生は17・18世紀フランス文学がご専門なんだけど、個人的には20世紀フランス文学が好き。そんなに読んでいないから断言出来ないけれど。

 

www.sjllf.org

 「アカデミックな専門研究の対象として、サン=テグジュペリ、そして『星の王子さま』が最近までしかるべく正面からは扱われてこなかった」とのこと。(2005年)

星の王子さま学

星の王子さま学

  • 作者:片木 智年
  • 発売日: 2005/12/01
  • メディア: 単行本
 

 あとで読む。

アルベール・カミュ作品における孤独と連帯 (jst.go.jp)