虎哲の探究

単なる私立校国語科教員の戯言。未熟者による日々研鑽の記録。

2017年を振り返って

私の2017年は阪神タイガースのスローガン同様「挑む」年であった。

 

1月から3月にかけては、卒論に向けての30枚レポートに力を注いでいた。卒論のテーマを伊勢物語についてから探究についてに変更した為、この時書いた30枚レポートは全く卒論に活きていないがいずれ役立つ日が来るであろう…

 

4月から9月にかけては、東大院試に向け英語や国語教育についてを必死に勉強してきた。結果は最終試験の口頭試問で落ちてしまったが、(研究計画の詰めが甘かった)この試験に向けてやってきたことやこの無謀とも思えた挑戦は今後の教員人生の糧となるに違いない。

 

9月から12月は多くの公開研究会や勉強会に足を運んだり、卒論を執筆したりしていた。様々な見識が得られ、フィールドワークの大切さを切に感じた。校務だけでも忙しい中、研究発表出来る先生方の凄さを思い知らされ、自分もこの先生方のようになる為に、院で過ごす2年間必死になって勉強しようと改めて決意させられた。

 

最後であるが、忘年会にて私生活に潤いが全く無かったことに気付かされたので、来たる来年の課題としたい。